検索結果一覧

  • ヒット件数12件
  • チェックカテゴリ出願書類の書き方ガイド
J-PlatPatの書類照会画面では、特許庁に提出した申請書類中の個人情報等(例えば【住所又は居所】の内容)も表示されますか?

2019年5月より、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の経過情報表示から商標の審査・審判書類が照会できるようになりました。申請書類に記載した【住所又は居所】【電話番号】【ファクシミリ番号】の内容は、J-PlatPatの書類照会画面では、自動的に<省略>表示となります。※ただし、【住所又は居所】の内容は、公報には表示されます。

 また、申請書類の【住所又は居所】【電話番号】【ファクシミリ番号】以外の部分に、個人情報や営業秘密が含まれる内容を記載する場合は、以下のように記載することで表示されないようにできます。<作成例(願書)><作成例(意見書)>も参考にしてください。

(1) 申請書類とは別にA4の紙を用意し、その紙に個人情報や営業秘密が含まれる内容を記載してください。

(2) そして、申請書類に【提出物件の目録】及び【物件名】の項目を追加して書類名等を記載し(例えば連絡先など)、(1)で作成した紙を、申請書類の添付書類として、申請書類と一緒に提出してください。

(3) そうしますと、特許庁の審査官は添付書類を確認できますが、J-PlatPatの書類照会画面には添付書類は表示されません。

<作成例(願書)>


<作成例(意見書)>

商標登録出願書類の作成方法については、「商標登録出願書類の書き方ガイド」にわかりやすく解説されていますので、ぜひご利用ください。

※平成31年1月1日以降に特許庁で受け付けた申請書類が、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)で照会可能となります。 

※オンライン出願をする方は、以下のお知らせもご参照下さい。

意匠・商標の審査・審判書類がJ-PlatPatで照会可能となります

https://www.jpo.go.jp/support/j_platpat/tokkyo_platform_181129.html

商標登録願の提出直前に間違いがあることに気づきました。手書きで修正できますか?

【商標登録を受けようとする商標】以外は、手書きでの修正が可能です。ボールペンを用いて修正箇所を二重線(又は修正テープ)で消し、訂正してください。なお、訂正印は不要です。