用語の説明

タイムスタンプサービス

電子文書に時刻情報を付与するサービスであり、我が国では民間事業者が提供している。

利用者が、タイムスタンプを付す原データのハッシュ値を生成し、それを時刻認証業務認定事業者に送付します。時刻認証業務認定事業者は、利用者から送付された原データのハッシュ値に時刻情報を偽造できないように結合したタイムスタンプトークンを作成し、それを利用者に送付します。そして、検証時には、原データからハッシュ値を計算し、それとタイムスタンプトークンに含まれるハッシュ値を比較することで、一致していれば、原データはタイムスタンプトークンに含まれる時刻以降に改ざんされていないことを証明できます。

時刻認証業務認定事業者(TSA:Time-Stamping Authority)

認定を受けてタイムスタンプサービスを提供する事業者。

総務省が公表した「タイムビジネスに係る指針~ネットワークの安心な利用と電子データの安全な長期保存のために~」を踏まえて、一般社団法人日本データ通信協会が定める基準を満たした技術・システム・運用体制によって、業務が厳正に実施されていることを認定された事業者です。

タイムスタンプトークン

TSAが時刻情報を付与して発行するファイル。

原データのハッシュ値に時刻情報を結合したものです。ハッシュ値は利用者が生成し、時刻認証業務認定事業者が正確な時刻情報と結合して偽造防止対策を施します。

ハッシュ値

電子データの指紋とも呼ばれる値(データが変わればこの値も変わる)。

特殊な計算式(ハッシュ関数)により任意の長さの入力値(原データのデジタルデータ)から固定長の値(ハッシュ値)を導き出したものです。ハッシュ関数は、入力値からハッシュ値を容易に算出できますが、ハッシュ値から入力値を再現する逆演算は計算量的にほぼ不可能(一方向性、不可逆性)であり、入力値が変わるとハッシュ値が必ず変わる(非衝突性)という特性を持っています。このことから、ハッシュ値は電子データの「指紋」に例えられることがあります。

 

お問い合わせ

知財戦略部 営業秘密管理担当

電話(代表)03-3581-1101 内線3841
Fax 03-5843-7692