検索結果一覧

  • ヒット件数15件
  • チェックカテゴリ商標
商標登録料納付書について教えてください。

商標登録料納付書

1.商標登録料納付書の提出期間等

審査官からの登録査定の謄本の送達を受けた場合には、その送達された日の翌日から30日以内に登録料を納付します。
なお、納付年分は一括納付(10年分)又は分割納付(5年分ごとに前期・後期)と選択して納付することができますので、必要に応じて検討します。
設定登録料は、出願人又は利害関係人が納付することができます。

2.商標登録料納付書 様式見本

商標登録料納付書の様式見本は、「各種申請書類一覧(紙手続の様式)」(4.納付書等の様式(1)設定納付書 商標)よりダウンロード(Word)できますので、ご利用ください。

3.商標登録料納付書の作成要領

【商品及び役務の区分の数】の欄は、納付すべき商品(役務)の区分の数を記載します。
【納付の表示】の欄は、登録料を分割して納付する場合に「分割納付」と記載します。
商標法第68条の40第2項の規定により、設定登録料の納付と同時に願書に記載した区分を減ずる手続補正書を提出するときは、【納付者】の欄の次に【その他】の欄を設けて、「商標法第68条の40第2項の規定による手続補正書を同時に提出」と記載します。
登録査定の謄本の送達後に「名称変更届」、「出願人名義変更届」等*を提出したときは、【納付の表示】の欄の次に【その他】の欄を設けて、「令和○○年○○月○○日名称変更届提出」等のように記載します。
※様式見本は、」の「各種申請書類一覧(紙手続の様式)」(2.申請人登録に関する変更様式及び3.中間書類の様式(3)名義変更届)よりダウンロード(Word)できますので、ご利用ください。

4.登録料の確認

登録料は、産業財産関係料金一覧(特許庁)を確認し、必要な金額の特許印紙を商標登録料納付書に貼付します。印紙は消印しません。
商標登録料納付書において10年分の登録料として納付しますが、5年ごとに前期、後期に分割して納付することもできます。分割納付の場合は、登録料は10年分と比較して割高になります。
後期分の登録料は商標権の存続期間満了前5年までに納付します。
後期分の登録料は「商標登録料納付書」* により納付します。
※ 商標登録料納付書の様式見本は、「各種申請書類一覧(紙手続の様式)」(4.納付書等の様式(2)年金納付書 商標(分割納付後期)」よりダウンロード(Word)できますので、ご利用ください。

5.商標権の設定登録と権利の発生

登録料の納付があったときは、商標権の設定登録(商標原簿の作成)がされ、商標登録証が権利者に送付されます。
商標権は、設定の登録により発生します。
商標権を更新する場合の手続期間を教えてください。

商標権の存続期間は登録から10年をもって満了しますが、更新登録の申請により更新することが出来ます。その「商標権存続期間更新登録申請書」の手続期間は商標権の満了前6月から満了の日までに行わなければいけません。なお、更新登録申請をすることができる期間内に更新登録申請ができなかったときは、その期間経過後6月以内に限り、納付すべき更新登録料のほかその更新登録料と同額の割増登録料を納付することにより更新登録申請をすることができます。(例) 登録日が4/10の場合、 満了日は10年後の4/10となり、更新手続期間は9年目の10/11から満了日の4/10となります。 なお、満了日が経過した4/11以降6月以内に(10/10まで)更新料と同額の割増登録料を納付することにより商標権更新の手続をする事ができます。

商標権の更新登録申請をすることができず、権利が消滅してしまいました。救済措置はありますか。

更新登録申請をすることができる期間(満了後6月の期間を含む)内に更新登録申請ができず権利が消滅した場合の救済措置として、更新登録申請ができなかつたことについて「正当な理由」があるときは、その理由がなくなった日から二月以内でその期間経過後六月以内に限り、納付すべき更新登録料のほかその更新登録料と同額の割増登録料を納付することにより商標権を回復することができます(商標法第21条、同法第43条)。
商標権者が、更新登録の申請をすることができる期間内にその申請をしないときは、当該商標権は、存続期間満了の時に遡って消滅したものとみなされます(商標法第20条第4項)。
詳しくは、「正当な理由」による期間経過後の救済についてを御覧ください。

商標権の更新登録申請をする場合に、住所が変更になっているときはどのような手続が必要ですか。

住所が変更しているときは、商標登録原簿の商標権者の住所を変更しなければなりませんから、商標権の更新登録申請の手続と同時に「登録名義人の表示変更登録申請書」の提出が必要です。なお、その際に商標権存続期間更新登録申請書には、【その他】欄を設け、「令和○年○月○日登録名義人の表示変更登録申請書を提出」のように記載してください。

登録の手続を行った時にどのような通知が来ますか。

登録手続に関する通知は以下のものがあります。

  提出書類 手続者に送付する通知名
処理後の通知
1 設定納付書  
 特許 特許権設定登録通知書(特許証の送付名)
 実用

実用新案権設定登録通知書
(実用新案登録証の送付名)

 意匠 意匠権設定登録通知書(意匠登録証の送付名)
 商標 商標権設定登録通知書(商標登録証の送付名)
2 年金納付書 年金領収書
3 更新登録申請書 更新申請登録済通知書
4

登録名義人の表示変更

(更正)登録申請書

移転登録済通知書
5 移転登録申請書 移転登録済通知書

 ※ 通知書に記載されている内容

 ・各設定登録通知書:登録番号、登録日、納付年分、納付期限日等
 ・年金領収書:登録した年分、軽減有無等